事業者ローンを利用するコツ|決算書と先読みがポイントです

自分にあった支払い方

ATM

キャッシングをする前に、無理のない返済計画を立てることは大切です。また、多くの消費者金融では様々な返済方法を用意しているので、店舗や口座振替など自分のライフスタイルにあった方法で支払いましょう。

もっと読む

すぐにお金を借りる

財布とカード

多くの消費者金融では即日融資のサービスを行なっていますが、確実にお金を借りるためには事前の準備が必要です。審査のために提出する書類の不備をなるべく減らせば、高い確率で融資が受けられます。

もっと読む

消費者金融との違い

カード

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が安いので、全体の返済費用を減らすことができます。さらに消費者金融と同じように即日での融資も可能なので、お金が急に必要になったときの心強い味方です。

もっと読む

資金調達の賢いやり方

クレジットカード

企業の資金調達方法として、事業者ローンがよく選ばれます。そもそも事業者ローンとは、中小企業や個人経営者を中心に事業に使用する資金を貸し出すサービスのことで、企業の資金繰りがうまくいかない時や事業規模の拡張の際に利用されることが多いです。なぜ事業者ローンがここまで広く利用されているかといえば、借入の際に担保が必要ないという点が挙げられます。多額のお金を借りる際、貸付ける側は万が一の事態に備えて保険をかけるのが一般的です。ところが事業者ローンなら不動産などの担保がいらない上に保証人もいりません。また、手続きに必要な書類が少なく手順も分かりやすいので、審査から実際に融資を受けるまでに時間がかかりません。審査結果も3日以内には報告されるので、迅速な対応が重要な資金繰りの際も利用しやすいのです。

事業者ローンのサービスを受けるためには、審査に通りやすいコツを知っておくと良いでしょう。企業の融資を審査するときは、決算書の内容が重要な基準になります。好条件で融資を受けたいなら、それ相応の決算書を作成しなければいけません。そのため日頃からきちんと税理士と相談しながら、決算書の整理を行ないましょう。また、業績が悪化したタイミングで融資の申し込みをしても、審査に通る可能性は低くなります。確実に資金繰りを成功させたいのなら、常に企業の経営状態を先読みし、業績が悪くなる前に融資を受けるか判断しましょう。これは法人企業や個人企業に共通するポイントなので、事前に情報収集をしておきましょう。