事業者ローンを利用するコツ|決算書と先読みがポイントです

消費者金融との違い

カード

個人向けに融資を行なっているのは消費者金融だけではありません。銀行でもお金が必要な人に対してカードローンなどのサービスを提供しています。しかし、はじめて借入をする時は消費者金融と銀行カードローンのどちらが最適なのか判断に困るものです。そこで、実際に申し込みをする前に銀行カードローンと消費者金融の借入の違いについて把握しておきましょう。
銀行カードローンでは、消費者金融に比べて金利が低く設定されています。多くの消費者金融では借入限度額が高ければ高いほど金利の額は下がっていきますが、これだと少額の借入をしたい人にとっては不利になってしまいます。しかし銀行カードローンは限度額が低い場合でも金利の上限が15パーセント程なので、消費者金融に比べて良い条件で借入ができます。また、最高限度額が大きく総量規制の影響も受けないので、主婦でも気軽に申し込むことができます。そして、消費者金融と同じように即日で融資が受けられる銀行カードローンもあるので、初めての人でも安心して利用できるでしょう。しかし、銀行カードローンは審査が厳しい上に時間がかかるので、信用度を下げないように日頃から携帯料金などの支払いはしっかりと行ない、支払い能力が十分にあることをアピールしましょう。また、銀行によっては普通預金口座を開設する必要がありますが、現在は普通預金口座がない銀行カードローンもあるので、申し込みの前に確認しておきましょう。このような点を意識すると、銀行カードローンを賢く利用できるはずです。